自慢したくなる写真、飾りたくなる写真、子供が輝く瞬間の撮影講座

運動会やお遊戯会、習い事のスポーツ競技など子供が輝く瞬間を写真に収めたい、とお考えのお父さん、お母さんにお届けします。

一眼レフやミラーレスカメラを購入してみたものの、なかなか写真が上達しなくてお困りのお父さん、お母さんは少なくないと思います。

もし写真が上達し、自慢したくなる写真、家に飾りたくなる写真が撮れたら嬉しくないですか?

そして、我が子のお気に入りの写真を家のリビングに飾り、家族が喜ぶ笑顔を見たくないですか?

実は、そのような写真には、とんでもないパワーが秘められているのです。

最近の研究では、写真を通して子供を褒めたり、認めてあげたりすると、その子が自信をつけたり、自己肯定感がアップすることに繋がると言われています。

あなたの写真で、家族が輝く!とても素敵なことですよね。

カメラを使いこなせるようになりたい

子供が輝く瞬間を撮りたくて、一眼レフやミラーレスカメラを購入したお父さん、お母さんは多いと思います。

高額なカメラを購入したけど、取扱説明書も分厚くて読み切ってない人も多いはず。

子供が輝く瞬間を撮るためには、まずカメラ自体を使いこなせるようになるところから始めてみましょう。

お持ちのカメラのすべての機能を使いこなす必要はありません。

大切なことは、状況に合わせて、どの部分を操作すれば、どのような写真が撮れるのかが理解できればいいです。

カメラを持ち出して練習です

どの部分を操作すれば、どのような写真が撮れるか理解できればいいと説明しましたが、ここが一番難しいところでしょう。

ここで諦めてしまうと、カメラを使わなくなり、カメラが悲しんでしまうことになります。

最近のカメラは優秀なものが多くなっています。

それでも状況によっては、「なんで写真が暗くなってしまうんだろう」や「子供がブレてしまって」など起こってしまうこともあります。

いざ本番で、そのような状況に陥ってしまって、泣いてしまわないように、カメラを使いこなせるようになっておきましょう。

普段、子供と公園へ遊びに行くときにも、カメラを持って行きたくさん撮ってあげましょう。

写真上達への道のり

まず、上記のようにカメラを使いこなせることから始めましょう。

そして、カメラが使いこなせるようになったら、フレーミング(バランスの良い構図)やシャッターのタイミングなど身に付けていくのが良いです。

メルマガにご登録いただくと、カメラの使いこなし方やフレーミング、シャッターのタイミングなどお伝えします。

子供の成長は、あっと言う間

子供は、あっと言う間に成長していきます。

かわいい笑顔を写真で残してあげよう、と思っているうちに、どんどん成長します。

子供の成長に負けないように、お父さん、お母さんも写真撮影の上達を目指していきましょう。

子供が輝く瞬間を撮り逃さないために、今すぐ練習開始です。

写真は子供とのコミュニケーションツールにもなります

撮影した写真は、パソコンの中で眠らせずに、プリントしておうちに飾るのがおすすめです。

飾った写真を家族みんなで鑑賞して、子供とコミュニケーションをとりましょう。

近年の研究では、写真を通じて子供を褒めたり認めたりしてあげると、子供の自信が湧いて来たり、自己肯定感をアップさせる効果が期待できると報告されています。

メルマガ講座お申し込みはこちらから

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

メルマガ講座にお申し込みいただくと、最初にこの写真の撮影のコツをお伝えします。

この写真は、私の4人息子のうちの四男です。

年長さんのときのリレー競走を私が撮影したものです。

かっこいい写真でしょ。

もちろんこのタイミングは偶然ではなく、狙って撮っています。

この写真のように私が走る人を撮る時、どこをどう見てタイミングを狙っているのか、お伝えします。